身体のための油の選び方

夏野菜のおいしい季節ですねニコニコ

この時期わが家では、夜遅くまでサロンワークの日によく作り置きするのが

完熟トマトを使った冷製のパスタソース

湯むきして、ざく切りにした完熟トマトに、オリーブオイル・塩コショウ・バルサミコ酢をお好みで

朝作ってそのまま冷蔵庫に入れっぱなしで味を馴染ませ、帰ってからモッツァレラチーズと

バルコニーに植えている生バジルを千切って入れ、茹でて冷水で冷やしたパスタにかけるだけ♪

(夕食時間に不在の場合は夫がパスタを茹でるだけで食べられるように、そのまま全て混ぜて冷蔵庫に入れておきます)
帰ったら麺を茹でるだけで食べられるので、簡単なのに美味しく重宝するメニューの一つ

油は、太ったり身体に悪いと思われている方も多いと思いますが、ホルモンも細胞の膜も油で出来ています

過去にこちらのブログでも詳しく書きましたが、良質な油を摂っているか?・摂っていないか?で美しさも健康も変わってきます

日ごろ、油の選び方で私が意識しているのが加熱せずに抽出された油かどうか?

バターやラード・ココナッツオイルなど、ある程度の温度までは固形な脂は、もともと酸化しにくい性質を持っていますが

植物から摂れる液状のオイルは基本的に酸化しやすいモノが多いです。

折角カラダを気遣ってドレッシングや冷製パスタなどで加熱せずに摂っても、製造段階で熱を加えていたら既に酸化は進んでいます

熱を加えずに搾っている油はラベルにも書いてあるのでそういう製品を選ぶようにしています

油の詳しい使い分けやカラダへの影響はCocoroインナービューティー塾でお話ししていますが

5年先・10年先の自身の美しさや健康、未来の子供の健康は、いま自分が何を食べ・どう吸収したか?が大きく関係するもの

賢く・必要なモノを選んで摂っていきたいですよねニコニコ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。