使っている化粧品の効果がわからない方へ。

お客様と接していると、Cocoroでお化粧品を購入頂いている方も・そうでない方も

良く聞くお声として多いのが【使っている化粧品の効果がわからない】という言葉

それでも何を使っていいのか解らず、ズルズルと使い続けたり・化粧品ジプシーになって居る方が多く・・・本当に勿体ないと思ってしまいますしょぼん

ハッキリ言わせて頂きますが、【正しい使い方をしていなければ、効果を感じなくても当たり前ビックリマーク

逆に正しく使っていれば、劇的な変化までは出なくても殆どの方は肌の調子の善し悪し・好みかそうじゃないかはてなマーク

未来のお肌へ期待できる商品かどうか!? 最低10日前後もあれば、見極めは出来るのではないかと思います

 

Cocoroのお客様の中には、話したことがある内容も含まれているかと思いますが

今日は化粧品の効果を感じない思われる幾つかの原因を挙げてみたいと思います

ちょっと辛口ブログになったかな?もしかしたら人によっては『グサッ!』感じるかもしれませんが

知らなきゃ、たいせつなお金をかけてお使いの製品も効果を感じられないと思いますので

興味がある方は、お読み頂けましたら幸いですニコニコ

 

黄色い花 ライン使いしていますかはてなマーク

同じメーカーの製品、幾つもラインナップがあるメーカーでは同じラインナップに統一して使われていますか!?

データによると【実に7割の方がライン使いはしていない】そんな統計もあるようです

化粧品は、クレンジングや化粧水・クリームなどそれぞれに大切な役割はありますが

そのメーカーごとに、それぞれのアイテムの役割を引き立て・補い合うことを計算されて作られています

どんなに優秀だと言われている商品でも、前後に何を使っているかで結果は全然違ってくるのです

例えば野球やサッカーなどのスポーツも、資金力のある球団がスター選手ばかりをお金で集めても決して優勝するとは限らないですよねはてなマーク

お金がない球団でも、チームワークが良かったり・熱い想いで応援してくれるサポーターが多い球団がぶっちぎりで優勝するケースも少なくない

化粧品だって同じなんですビックリマーク 雑誌のコスメ情報を見て良さげな紹介が書かれているものを集めても効果が発揮するとは限りません

(ちなみに雑誌の紹介は、メーカーが広告として枠をお金を払って載せている場合も多いので、載ってるから優れた製品とも限りません注意

むしろ使っているモノ同士の相性が悪いと、効果もなくなってしまう場合だって考えられます

化粧品を変えたい場合・気になる製品があれば、先ずは最低ラインで基礎化粧品のトラベルセットなどからライン使いで試すことをお勧めします

その後、良いと思ったら切れた化粧品から順番に購入していけば負担も少なく済むと思いますニコニコ

ちなみにCocoroで取扱いのBIOLABは、トライアルキットを約1週間ライン使いでお試し頂けます

Cocoroのポイントカードで、20ポイントでの交換も行っております。興味がある方はポイント交換アイテムの中からお選び下さいませ

コチラ https://hs-cocoro.com/point-card/

 

黄色い花 適正量を使っていますかはてなマーク

パッケージなどに書かれている正しい量を使っていますでしょうか?

使えば使うだけコストがかかるのはわかりますが、勿体ないからと適正量を使っていないのであれば充分な効果が発揮できないので逆に勿体ないですビックリマーク

例えば家族や会社の同僚が風邪を引いて病院で薬を貰って来たとします。1日3回の薬を1回しか飲まず『風邪がちっとも治らない~カゼ』って言ってたら?

治るわけ無いですよね!? 化粧品にしても適正量を使わなければ、美白美容液を使っても白くならなかったり

保湿クリーム塗っても潤わなくても、仕方がない事ですし、その商品の価値を下げているのは商品ではなく自分自身です

もしも効果を感じてなく、勿体なくて正しい量を使えないと思うなら・・・?

高価な美容液や美容クリーム類なら、いっそアイテム一つ減らして基礎化粧品だけでもライン使いで正しい量を使い続けるビックリマーク

気になる部分だけポイント使いで、他の部分は割り切る

効果の出ないような量で使うよりは、まだこの方がマシな気がします

参考までに、一般的な化粧品の1本当たりの使用量の目安は2ヶ月半程度で無くなるのが適正量なものが多いです

(当店取扱いのBIOLABもこの目安量ですが、他社製品の場合は気になる場合は直接メーカーや販売先にお尋ねください)

もし1本の商品を4~5ヶ月・・・若しくはそれ以上で使っているとしたらはてなマーク 先ずは正しい量を使っているかチェックしてみませんか?

 

黄色い花 海外のメーカーの品では無いですか?

海外・・・特にヨーロッパ製のものなどは、そもそも水の種類も違えば(軟水・硬水の差)肌質も気候風土も大きく異なります。

また日本と各国で、使用許可の出ている成分も違うので処方が違う製品も多くあります

単純に日本で使えない成分を抜いてる場合もあれば、日本人の肌質へアレンジを加えている製品も・・・メーカーによって対応はマチマチかと思います

日本人が基本的に肌や髪がキレイだと言われているのは軟水の地域で暮らしてるからとも言われていますし

その土地土地に合わせての水や食習慣からも、ある程度の肌質や体質も違ってくるのです

そこに全く違う地域の製品を取入れても、合わなくても仕方がない方が多くても当然のことです

(もちろん、気にならない方・合う方も居る場合もあると思います)

私自身も昔はしていた事もありますが・・・特に海外から輸入した商品を販売してるコスメショップの商品なんかは特に合わなくても当たり前

だって、輸入した国の人向けに作られている商品なのですからビックリマーク

ちなみに、お顔のお手入れをさせて頂いていて海外の化粧品使われているかな?というのは、何となく勘で解ります

私の経験上でいると【肌が硬く黒っぽい方】・【弾力が無くくにゃっとした肌質の方】・【メイクが落ちにくい】等があります

言葉に表現するのは難しいですが、こういった方が多いですし

高価なお化粧品を使ってらっしゃる方も多いのですが、逆にお肌へ無理をさせている状態・肌本来の自活力が弱ってる様に感じる場合も多いです

好みや価値観は人それぞれですので、最終的にはご自身が好きだと思うものを使うのが一番ですが

肌のことを考えるなら、自分が生まれた国のメーカーの商品が気候や肌質を考えたうえで作られているので合いやすいと思います

 

・・・他にも、成分選びだったりメンタル面だったり

細かく考えていくと、効果を感じない要素はまだまだありますが・・・今回挙げたものは、多くの方で陥ってそうな事柄だと思います

そしてフェイシャルエステの施術をしている私が言うのもナンですが、日々のお手入れで正しいスキンケアを行っていたら

高いお金を払ってフェイシャルを受けなくても、きれいな素肌は手に入ります虹

現にCocoroでは、お嫁に行ったり転勤したりでサロンにお手入れにいらっしゃられなくなっても正しいスキンケアを実施されているお客様は

時々お会いしても、以前よりお肌が綺麗になって居る方が沢山いらっしゃいます嬉

 

未来の自分の肌を作っていくのは、今の自分次第。

年齢のせい、肌質のせいにされている方も多いですが、先ずは自分の中での原因に目を向けていくのも必要な事だと思います

先ずは自分に合った化粧品に出会うため、正しい使い方からはじめて頂きたいなと思いますニコニコ

関連記事

  1. 無事出張から戻りました☆

  2. 30代後半からの美肌づくりに大切なのは『〇〇』と『〇〇』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。